民間ならではの底力

民間学童は急な休みや預かり時間の対応も可能です

民間学童のメリットは、預かってもらえる時間が長いことです。共働きで保育園に通っているお子さんがいる人なら、よく小1の壁という言葉を聞くことがあります。
公立小学校を通わせるならば学校内に併設していたり、すぐ近くにある学童があり、授業が終わればそのまま行くことよって、宿題をしたり他の友達と遊んだりすることもできます。
ただ公立の学童の場合は預かってもらう時間が限られるだけではなく、学校がない日は基本的に学童も休みなので、行事後の振り替え休日や悪天候時の臨時休校にもお休みなので、その度に対応で悩まされることもあります。そういう場合でも民間学童では対応することもできますし、残業があれば連絡するだけでOKなので、自宅で仕事を持ち込んだりや慌てて仕事を済ませなくても大丈夫です。
最近では公立の学童でも短時間とはいえ、朝学校が始業する時間までに預かってもらえるところも増えてきてはいますが、民間学童の中にも対応することができます。宿題しているかやおやつや他のお子さんとのトラブルなど心配することも多いですが、もちろん民間学童はその点もカバーしながらも、休日出勤や土日にシフトがある勤務のご両親に対しても対応することもできますので、公立学童の難しい点をカバーすることができるのば最大のメリットです。

民間学童に入るメリット

近年働きに出るママが多くなってきていますが、そんなママたちを手助けしてくれるのが民間学童です。民間学童に入るための条件は一切ないため誰でも気軽に入ることが出来ます。何よりも助かるのが預かってくれる時間の長さです。学校が終わってから20時くらいまでは預かってくれるところがほとんどです。万が一迎えに行けないなんてことになっても家まで送ってくれるサービスが付いていることが多いので安心です。習い事をしていた場合にはその送り迎えも担当してくれることもあります。場所によっては晩ご飯やお風呂まで済ませることが出来る民間学童があるのも魅力的です。
極めつけは学童での過ごし方です。宿題をする時間が定められていてサポートもしてくれるので、家に帰ってから親が宿題に付き合うなんてことはありません。場所によっては学童内で習い事をすることも可能となっています。また学校が春夏冬と長期休みに入った際には学校に変わって民間学童が朝から晩まで子供を預かってくれるところも魅力の一つとなっています。このように民間学童は安全面や生活面などどれを取ってもメリットが多いのが特徴で、子供にとっても親にとっても良い学童と言うことが出来るでしょう。