時代の移り変わりと共に民間学童

公立学童と民間学童について

学童保育は小学校が終わった後、放課後に子供を預かってくれるところで、公立と民間の学童保育があります。公立学童はとにかく料金が安く、学校内に学童保育用の教室があったり、学校近くに施設があったりして移動の手間がほとんどかかりません。また、民間学童は学童によって異なるのですが、体操や英語、塾などのプログラムがあったりして、習い事が受講できるところもあります。また、送迎サービスがあるところもあったりして、民間学童はその学童によってサービス内容は異なってきます。ただ、それだけ充実したプログラムを提供していることもあって、民間学童は公立学童に比べるとやはり料金的にはお高いです。高いところでは5万円以上するところもあります。

また民間学童の場合は延長保育に対応してくれるところも多いので、お仕事の都合などに合わせて柔軟に利用できるというメリットもあります。

以前では公立学童の存在が当たり前でしたが、最近では様々な民間学童が進出しており、親御さんの考え方、ライフスタイル、それぞれのお子さんによってどの学童保育が良いか選べるようになってきました。地域の学童保育の情報をたくさん集めて、様々な観点から学童保育選びをしていくと良いのではないでしょうか。

共働き家庭の大きな味方

子供が小学校に行くようになって、親御さんが働いている場合、放課後に子供を預かってくれる施設として学童保育があります。近年共働き家庭がとても増えてきていますので、公立の学童保育に入れないかもしれない、と感じている方も多いのではないでしょうか。
最近では公立の学童保育だけでなく、民間学童保育というものもたくさん進出しています。民間学童にはとても多くのメリットがあり、利用した際には大変助かる存在になってくれるでしょう。
民間学童保育は公立の学童保育に比べるとやはり料金は高いです。ですがその分手厚いサポートが受けられることが多いです。例えば学校の宿題を見てもらえる、などのサポートがあります。小学校に入ると毎日のように宿題が出されますが、普段お仕事をしていると家に帰って来てから子供の宿題を見てあげるのもなかなか大変です。ですが、こういったこともきちんと学童で見てもらえるので、親御さんの負担はかなり少ないものになるのではないでしょうか。
また、その他に民間学童によっては、送迎してくれるところもあります。放課後一人で帰宅させることがないので、こういった送迎サービスはとてもありがたいサービスなのではないでしょうか。
このように民間学童によって色々なサポートがありますので、一度視野に入れてみると良いのではないでしょうか。